INFPは支出を下げることをおすすめします

こんにちはしんいちです。

このブログを見ていただきありがとうございます。

少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。

ブログで何度も申し上げているような気がしますが

支出は不必要に上げないのがよいということを身を以て痛感します。

最近ではamazonのプライムも解約しました。

送料無料という恩恵も、いちどに1500円以上の買い物をすれば解決しますし、

プライム会員が無料でみれる映画もそんなに利用しないからです。

みたい映画はありますが、たいていは無料じゃないものばかりです笑

であれば年5000円、月400円そこらの契約もしなくてもよいのではという考えに至りました。

それで月1時間の賃金労働を減らすことができると思ってしまいます笑

それくらい自分に思い込ませないと固定費を下げることは苦痛を伴うようです。

「もしかしたら利用するかも」という気持ちを無くすことができなくて

ずるずると残しがちになってしまいます。

まだ支出が少ないものですが、車なんかも無くすのは大変でした。

一度手にはいったものを手放すのは苦労します。

手に入れれば手に入れるほどコストがかさみ

いつの間にかそのために働くみたいな構図になってしまいます。

それが活力や幸せになっているのでしたらとっても良いことですが

なくしてみてわかるのは自分はそこまで必要でなかったことが多いです。

なので今後も固定費は下げる努力をしていってみようと思っています

そして、上げるのは割と簡単ですが下げることは容易ではないということもわかりました。

それならば、徹底的に上げないほうがよいという考えに至る。

もし大金がはいったとしてもこの気持は持ち続けていたいですね。

支出に関してはミニマリストの本などでも紹介されていますが

ミニマルに生活するために、快適さとかを犠牲にしていると個人的には思うのですよね。

ミニマルな生活することが目的になってしまっている気がしなくもないです。

精神的な豊かさを増やすための手段として、支出を下げたほうがよい

支出を無くすこと(もの)については、快適さを伴うことがおおいので

都度、ご自身が生き方で何を重要視するかを基準に天秤にかけることがよいと思っています。

そんな考え方ですので、ミニマリスト的な書籍よりも

本質的な豊かさについての書籍のほうが参考になります。

収入が少なくても我慢せずに豊かに暮らしているかたの考え方は

一読する価値があると思います。

きっとブログを見にきていただいているあなたは

この価値観のほうが賛同できると思うのです。

もしよかったら読んでみてください

年収100万円の豊かな節約生活術
created by Rinker