断捨離して物がなくなったので引越しします

こんにちは、しんいちです。

このブログを見ていただきありがとうございます。

あなたのお役に立てれば嬉しいです。

最近は引越しの作業を行っていました。といいますのも

実家の近くに両親が所有していて使っていなかった不動産があって

そこに住まわせてもらうことになったからです。

豪華とはほど遠いですがだんだんとこだわりがなくなってきたので

自分には十分すぎると思っています。

こういった機会に巡り会えたのも断捨離をしていたお陰なのかもしれないです。

以前から断捨離という名目で持ち物を手放して身軽にしようと心がけていました。

服も数着、家具も極力減らす、あれこれと趣味に道具を増やさない

そんなことを意識していると断捨離してからもモノがあまり増えなくなりました。

本を読むことが多かったのも極力電子書籍に置き換えることで

物質的に増えていくことはありませんでした。

その結果、部屋がすっきりしすぎてしまい、昔は物置と化していた寝室に物がなくなりました。

物質的に物を増やさないと決め込んでいれば物置が必要ではなくなります。

そして1部屋なくても良いのではないか?と思うようになりました。

賃貸アパートは部屋を増やそうとすると家賃が上がったり、同じ値段でも立地が悪くなったりが普通です。

逆に部屋を減らして小さくまとまれば家賃が下がったり、立地を良くできます。

そこで自分の生活に合った立地に移動することができました。

しばらく生活していましたが、その後も継続して断捨離していました。

どんどんシンプルになっていき、物がなくなってしまったらこだわりが減ってきました。

物があると系統を統一したくなってしまったり、コレクションしたりする欲が湧きますが、

それが無いので、良い意味でもうどうでもよいという境地に至りました。

ガランとしていた部屋で生活していたら、家族所有の不動産の話がでてきました。

古い団地のような物件だったので、以前の自分なら選択になかったと思います。

いまは物もなくてこだわりがなくなったこともあって、

家賃がいまより下がるならそれでも良いかと思えるようになりました。

気に入らないところはネットで調べながらDIYをしていこうと決めて。

そして現在はその引越し作業中です。

引越しは断捨離をしていなかったら、考えもしなかったと思います。

自分では部屋を少ない物件にするとか、古い物件にするというのは

あったものを無くすのですから、厳しいものがありました。

条件をどんどん上げていくことはできるのですが、

いちど上げてしまった条件を、下げるということは個人的に厳しかったです。

このことは自分の肝に命じて生きていこうと思いました。

一度あげてしまった固定費を下げることは容易なことではないと。

であれば、固定費を不必要に上げないほうがよい。

個人的にはそっちのほうが気が楽だ。そんなふうに至ります。

もちろん、良い生活があるから頑張れるんだとおっしゃるかたもいるかもしれません。

それで頑張れているのでしたら問題がないですし素晴らしいことです。

自分は、頑張るための口実として不必要に固定費を上げていたように思います。

しかし自分にとって重要なところではなくて、ただ苦しくなっていただけでした。

そういったしがらみに気がついたのも断捨離のおかげです。

自粛で家にいることも多いと思いますので、これを機会に色々なものを捨ててみることを

おすすめします。あなたの人生がよくなりますように応援しています。

ちなみに引越し貧乏という言葉が僕の頭のなかにはありました。

引越しすることで

引越し先の敷金礼金や

引越し業者さんにお金を払う必要がありますし、

ネット回線をひいていたら解約料があったり、

引越し先の家具の色調を統一するために買い直したり

そんなことをしていたのでものすごくお金かかるイメージでしたが

物を減らしていくとそんな引越しの金額も最小限に収まるということが

わかりました。頻繁な引越しはよくないと思いますが。

引越したから長年住まないといけないと自分を縛るのもそれはそれで

よくないこともあると考えます。

自分の生き方が変わってきたら、住む場所も合理的に考える

長年住まないといけないという執着は抜きにして考える

そんなことができるようになりたいです。

物を捨てることに関しては、片付け界の古典ですが

ぜひ読んでみてください

人生がときめく片づけの魔法
created by Rinker