家族が病気になってもできることがない

こんにちは、しんいちです。

このブログを見ていただき、ありがとうございます。

少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。

僕には姉が一人いるのですが、一昨日あたりに姉の体調が急に

わるくなったらしく、病院にいってみたらすぐ手術しないと

いけない状態だったそうです。

少し離れて暮らしているので、手術後にその話を父親から聞きました。

手術は終わり、今日から暫く入院生活をおくることになるのですが

コロナの影響もあって、家族が直接面会することもできないようです。

看護師さんをとおして荷物を渡したりなどはできるのですが直接は会えないです。

家族とも会えないのは本人も心細いだろうなと思います。

僕もなにかしてあげれればとも思いますが、会うこともできないのでじっと待つしかありません。

せめてとも思い、近くにお寺があるので行ける日にちはお参りに行こうと考えます。

念を送ることに効果があるのかわかりませんが自分にできることをやろうと思います。

今回はコロナの影響もあって面会ができない状態になっていますが、

もし本人がPCR検査でコロナの判定となったら手術すらできなかったと聞きます。

たまたまコロナの疑いはなくて手術をうけることができました。

でもコロナにかかってしまい、手術を後回しにされる人もいたのではと思うと

感染拡大しないように自分も気をつけないなと改めて考える機会でした。

自分にできることからやっていこうと思います。

仏教に慈悲喜捨という考えがあります。

慈はいつくしみをもつ、悲はかなしみ(共感)する

喜は自分のことのように喜ぶ、捨は執着を捨てる

それらの4つのことが大切な教えとしてあるようです。

ビジネスに活かす教養としての仏教
created by Rinker

偽善と思われるかもしれませんが、そうゆう気持ちを高めていきたいですね。

参考になれば嬉しいです。