企業型の確定拠出年金にあまり肩入れしないほうが良かったかもしれない

こんにちは、しんいちです。

このブログを見ていただき、ありがとうございます。

少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。

僕が勤めていた会社は、会社の退職金とは別に

企業型の確定拠出年金というものがありました。

確定拠出年金というものはご存知でしょうか?

一定額を積み立てて60才以降に取り出す年金の制度ですが

お金の定期積立とは違って、投資信託などの金融商品を

積立していくことがほとんどです。

(資産運用せず元本保証の定期積立をする金融商品もあります)

詳しくは以下の書籍にとてもためになることが書いてあるので

一読してみてください。

はじめての確定拠出年金投資
created by Rinker

積立したお金は非課税となり年末調整でかえってきたり

60才以降で引き出すときに税金がかからないなどのメリットがあります。

僕は会社に在籍中は掛け金を最大にしていたのですが

会社をやめた今となっては、掛け金は最低金額でよかったのではと思います。

なぜなら、会社勤務のメリットである安定的な収入がないため

急にお金が必要となることがあるかもしれません

そういった場合に確定拠出年金は引き出せないのですよね。

年金なので当たり前の話ですが。

そして、会社を辞めると企業型の確定拠出年金からidecoに以降されました。

そして沢山の金融商品があることに驚きます。

企業型の確定拠出年金では銘柄の種類が少なかったのです。

そのなかで選ぶしかないのですが、

インターネットに載っている人気銘柄などは企業型にはありませんでした。

(いまはidecoに移行したので人気銘柄なども選択肢にいれることができました。)

人気がないのはあまり利回りのよくないのも多いので

積立した金額に対してあまり増えていない感じがしますね。

僕はこの経験から、お金を積立投資するのであればさきにnisaを上限枠まで購入して

それでも余裕があったらidecoをやるくらいにしたいと思います。

自分が自由に動かせるお金が沢山あったほうが個人的には嬉しいからです。

貯金するのが苦手だった時代もあります。その時は年金受給の年齢になるまで

給料天引きみたいな状態で積立していってくれるので便利だと思ったのですが、

お金を貯めるということが意識付いた場合は、天引きでなくとも貯金をするので

むしろ売買できたりするnisaのほうが僕にとっては都合がよいです。

なのでもし、nisaと確定拠出年金(ideco)のどちらかをはじめようと思うのならば

まずはnisaで買ってみることをおすすめしますね。

参考になれば幸いです。