自己肯定感の大切さ

こんにちは、しんいちです。

このブログを見ていただき、ありがとうございます。

少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。

好きなことをみつけるために心身を健康にすることについて

お話しましたが、

関連記事

こんにちは、しんいちです。 このブログを見ていただき、ありがとうございます。 少しでもあなたのお役に立てればと思います。 これからは個の時代、好きなことをして生きていくなんてよく聞くフレーズですよね。 でも自分には好[…]

IMG

それと同時に自己肯定感も上げたほうがよいよなと

自分自身に思いました。

心と身体が整っていないと好きな感覚がわからなくなると考えますが、

(昔楽しかった経験は別です。あくまで今後体験すること)

好きな感覚や得意と思えるようになるには、自己肯定感が低いと

なかなかうまくいかないような気がするのです。

自己肯定感とは自分のものごとを否定せずに信頼できることや

自分ならできるなど物事をポジティブに捉えれることと認識しています。

自分に対する自信がどれほど大切かは身を持って痛感します。

自信がない状態だと不安にかられることが多いんですよね

なので周りの人と合わせてしまったり、比較してしまったり。

純粋に自分だけと向き合えばよいものを無駄に周りの意見が

はいってきてしまう。

僕はどちらかというと内向的な気質をもっていたため、

会社員時代は上司から性格を否定されることもありました。

そんな性格ではうまくいかない、もっとガンガンいけ

そうゆう人が出世するんだと教わってきましたので

自分はそれができないんだと認識すると同時に

これが得意とかそういったものは諦めてしまったように思います。

会社が求めているものを自分が持つことができないんだと。

そうすると何に対しても意欲的になれないですし

楽しさも見出しにくくなっていたと思います。

成功した体験を積み上げることができず、

そんな状態で自分の得意なものはなにか?と言われても

そんなものは存在しない。となってしまいます。

しかし、自分が自分自身を受け入れることができると

これは自分にとって好きとか、これは人に褒められたことがある

そんな体験を受け入れれるし積み上げていくことができるように思います。

心と身体を健康にすることで自分の気持ちがわかるようになってきて

自己肯定感を高めることで、湧いてきた気持ちを信頼できる。

そんな感じになるのではと考えます。

自己啓発てきな感じになってしまったかもしれませんが

自分も意識していきたいなーって思います。

自己肯定感については、以下の本がわかりやすいと思います。

胡散臭いと思わずに一度読んでみることをおすすめします。

何があっても「大丈夫。」と思えるようになる自己肯定感の教科書
created by Rinker

あなたもうまくいくように応援しています。

なにか参考になれば嬉しいです。