テレビをなくして1ヶ月が経ちました

こんにちは、しんいちです。

このブログを見ていただいて、ありがとうございます。

少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。

NHKの集金が嫌でテレビを処分して1ヶ月が経ちました。

よりにもよって一番テレビを見そうな年末年始にテレビがない状態から

スタートすることになってしまいました笑

僕は普段テレビは見ないので、基本的に無くても困らなかったのですが

正月の特番は休みも相まって見ていたようです。

なので今年の正月は初めてテレビがない正月でした。

特番をみて正月を実感していたみたいなので、

テレビがないとまったく正月っぽくないですね笑

淡々といつも通りの時間に起きて同じことをして同じ時間に寝る。

そんな生活を送っていました。

もし同じようにテレビの処分を検討されているのでしたら、

更新月を確認して、そのなかで自分のみたい番組と折り合いをつけて

処分するとよいと思います。

テレビを処分してよかったことは、活動する時間が増えたことですかね。

年末年始はお酒やご飯をたべながらテレビを見るようなスタイルでしたので、

家でゴロゴロしていましたが、テレビがないとそれができないので

普段どおりの生活をすることになります。

なのでいつも通り運動をしたり、読書をしたり自分時間を満喫できました。

あとは物欲がおさまってくるのも実感します。

というのも、テレビをつけていると良くも悪くも色んな情報が入ってきますよね。

CMをひとつとってみても、購買意欲をわかせるような商品だったり

おいしそうな食事だったりが自然と頭の中にインプットされてしまいます。

それが強制的にシャットダウンされているのですからね。

番組を見ていても流行り(意図的に作られたもの)ものを紹介されたりして

それを買わないといけないというような雰囲気にもなってしまいますし

節約することに対してはあまり良くないです。

そんな欲から遠ざけた生活して世捨て人じゃんって思うかもしれません。

僕も最初はそんな不安を持っていました。

みんなが持っているものを持っていないと良くないんじゃないか。

世の中の情報を知っていないと取り残される。

そんなのは余計な不安だったなと思いましたよ。

どのみち、テレビから入ってくる情報のうち、頭に残るものは

自分にとって興味のあるものだけでした。

でも興味のある情報は、テレビがなくても自分から取り入れにいきますし、

自分から取りに行ったほうが無駄がないし時間の節約です。

興味のないものを情報として知っていても、それが活かせることなんて

ごく僅かな機会しかないのではないのかもしれませんね。

テストでいうところの、極めてテストででる可能性は低いけど

念の為覚えておくかーって感じです。でもそれって時間たつと

僕は忘れてしまいます。なにせ興味がないのですから。

同じ時間を割くにしても、興味があるものに時間を割いたほうが

有意義になるように思います。

自分の気持ちに素直になれる気がしますよ。

もしよかったらテレビの断捨離に挑戦してみてください。

あなたの挑戦を応援しています。

なにか参考になれば幸いです。