必要以上に自己啓発の地獄に陥らない

こんにちは、しんいちです。

このブログを見ていただき、ありがとうございます。

少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。

今年1年はいままでになく読書をしました。

1年間で200冊以上読んでるみたいです。

なにも自慢したいわけではなく、それが役立っているのかについて

お話したいと思います。

読書量と年収は比例するなんて話もありますけれど

ここ数年100冊以上のペースで読んでいますが

比例する気配はありません笑

色々と問題があるでしょうが、僕が自分を顧みて思うのは、

自己啓発の泥沼にはまっていっているのが大きいのかと。

どんな地獄かというと、実例をあげます。

僕は読書してそれで満足してしまうことが多いです。

行動力がないほうだとおもい自分でも自覚があるため

どうやったら行動にうつせるのかの本を読んでみたり。

それでも行動できない、持続ができない自分を責め

自己嫌悪に陥ったりします。

その自己嫌悪に陥った状態を治すために、自己肯定感を高める本を

読んでみたり。

で自分はできるという状態で読書をすると

いずれ本を読むだけになり、行動が伴っていないことに気がつく。

そのループの真っ只中ですね笑

結局のところ、読書が目的になってしまっているのです。

現在なにかの問題に困っていて、解決のために本を読めばよいのですが

とくに明確な問題が自分のなかに認識されていないため、

本をただ読むだけとなってしまっています。いわば趣味の読書ですね。

もし仮に、今なにか苦痛(問題)を抱えていて、その解決のために本を読んだとしたら

その苦痛を取り除こうと行動するのではと考えてます。

苦痛がないのに、行動しろっていわれても無理な話かもしれません

ムチを打ってもなかなかできるわけもなく、そして自己嫌悪に陥り

またそれの回復に別の本を読む。

あまり効率の良い読書ではなかったなーというのがこの1年の反省です。

きっと問題を抱えていたらいやでも行動をすると信じて

無理に自分を追い込まないでみようと思います。

なので気になることをやってみて、問題が発生したと思ったら

それを調べるために読書をする自然の流れをくんでみたいです。

どうして身につかないんだろう、それは行動しないからだ

でも行動できないのは自分が悪いからだ

そんなループにはなるべく陥らないようにしたいですね。

あなたがうまく行くように応援しています。

なにか参考になれば嬉しいです。

アウトプットに困っておられるようでしたら

おすすめの本があるので一読してみてください。

学びを結果に変えるアウトプット大全
created by Rinker