お酒が僕の身体に及ぼしていた影響

こんにちは、しんいちです。

このブログを見ていただき、ありがとうございます。

少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。

お酒の量を会社を辞めてから減らしつつありました。

会社に勤めていたときは以下のくらい飲んでました。

・平日は週2くらいでハイボール(500ml)を1缶以上

・週末はハイボール(500ml)を2缶以上

普通と思われるかもしれませんが、僕は会社に入社した当初は

お酒が好きでもなかったですし、すぐ酔う体質だったので

ほとんど飲むことはなかったです。

そこに比べたら飲んでますよね笑

会社を辞めて、運動もやる機会が増えたら健康に意識が向いたこともあり、

週末にハイボール(500ml)1缶以下まで減らしました。

それでも翌日の朝には少しお酒が残っている感じがしてぼーっとします。

こんな状態で仕事に行っていたのかーとか、それすらわからないくらい

感覚が麻痺していたのか、むしろ忘れるために麻痺したかった?

といろいろ考えることがあります。

ここ2ヶ月くらいは禁酒をしていて

先日開催した少人数による短時間の忘年会で久々にお酒を飲みました。

久々に飲んだのもあって酔がまわるのも早いですし、

翌日の二日酔いがしんどいです。

お酒を飲むとその後の行動が制限されて、翌朝にも影響がある

デメリットのほうが今の自分には大きいように感じます。

もともとはお酒が苦手で味も美味しいと思っていなかったのに

身体を壊しても飲もうとしていたのですから

それくらい会社を忘れたかったんでしょうね。

社会人男性ならお酒は飲んであたりまえみたいなのも

僕のなかにあったのかもしれません。

お酒の量は増える傾向にあったので、会社を辞めていなかったらぞっとします。

社会は怖いところです、僕はお酒で少しずつ感覚を麻痺されて

まともな判断や行動ができなくされていたようです。

翌日のパフォーマンスにも影響をきたしていたようですし、

週末は前日のお酒の影響でお昼まで寝るなんてこともありましたし

貴重な時間を有効活用することはできてませんでしたね。

会社員という働き方を辞めたいとか悩んでいるあなた、

2つ目の収入を育てていくというのが一般的かもしれません。

なにかすでに始めている副業があるのでしたらよいですが、

何すればよいのかわからなくて困っているかたもいるのでは。

そんなとき、まずは健康に気をつけるということが一番だと僕は思います。

身体は一番の資本ですから、一番の資本が正常な判断や行動をとれないと

効率も良くなく、なにより変な方向に進んでいったら元も子もないですよ。

僕は会社を辞める覚悟を決めてから最初にやったのは副業でした。

でも睡眠を削ってやっていたので翌日のしごとにも影響あったのですよね

なので短時間で効率よくやろうと工夫していましたが

結局のところ諦めて睡眠をとって、あまった時間のなかで効率をあげることを

考えていたのが一番成果があがったように思います。

なので、どんなことでもよいです。

・睡眠時間を平日でも7時間以上とれるように確保する。

・食事のバランスを整える。

・週に2回くらい運動を取り入れてみる。

自分が心地よいと思うものではじめてみるとよいです。

起きてる時の効率があがりますし、正常な判断ができるので

自分のやりたいことに出会うかもしれません。

もしよかったら参考にしてみてください。