ウーバー地蔵さん

こんにちは、しんいちです。

このブログを見ていただきありがとうございます。

少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。

最近、ウーバー地蔵と呼ばれる記事を読みました。

僕も含めて配達員さんが増えてきてるように感じます。

フードデリバリーで人気のお店(マクドナルドなどのファストフード店)に

注文が集中することで、配達員もそこに集まってきてしまいます。

ウーバーイーツの配達員さんのなかで、一つのお店をメインに腰を据えて

配達するスタイルでやっている(と思える)かたもよく見かけますので

人気店の前にお地蔵さんと呼ばれる人が増えてしまうのも

いたしかたないのかもしれませんね。

そのお店の近くにコンビニがあるとそこも駐車場や喫煙所に

配達員さんが集まっている場面も見かけます。

スキマ時間に働けて、正社員などの雇用形態もないので

自由にできるギグワークは便利な反面、

いろんなかたがいます。

そのなかにはポイ捨てなどマナーの悪いかたもいるかもしれません。

ウーバーイーツの配達員、注文者、運営者の三者間はwin-win-winで

繋がっているのですが、悪質なお地蔵さんが増えてしまうと

利用者以外のかたからするとあまり良い顔はしないかもしれませんね。

そうするとウーバーイーツを注文してくださるかたも

いなくなってしまうかもしれませんし、

最終的にはまわりにまわって、仕事がない(稼げない)というかたちで

自分に返ってくるかもしれませんしね。

他人を変えることはとてもむずかしいです。

自分たちの仕事のためにマナーよくやろうと啓発しても変わることは

時間がかかるものと思います。

手っ取り早いのは、自分がまず変わってみることが一番効果があるのでは

ないのかなーなんて。

僕がウーバーイーツの配達員として、第三者を不快にさせないように

気をつけていることは以下のような感じです。

・ゴミを拾う

配達員をやっていると休憩(地蔵)する場所がわかるので

そこにゴミを見かけたら拾うように心がけています。

・お店の前など第三者が迷惑そうに思う場所では待機しない。

お店のまえで地蔵していると、ウーバーイーツだけでなく

そのお店にも良い印象を与えないかもしれません。

なので近くの公園に移動してみたり、サイクリングをしたりで

あまり待機しないようにしています。

 

そんな感じです。そのように考えてみると

まわりの人が見ていて不快に思わないような行動をとる

これにつきますね。気づいたことがあれば追記していきたいです。

少しでもウーバーイーツを利用したいと思ってくれるように

自分からできることをやっていきたいと思います。

他人を変えることはできない、自分を変えたほうがよいという

考え方は嫌われる勇気における課題の分離が参考になります。

ウーバーに限らず生き方で参考になると思いますよ。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
created by Rinker