1日2食生活を継続しています

こんにちは、しんいちです。

このブログを見ていただきありがとうございます。

少しでもあなたのお役に立てればと思います。

ここ半年くらい、1日2食生活を続けていて、

2食は朝と晩に設定してます。

1日のうち数時間は肉体労働があるので、

昼食抜きは無理なんじゃないかと思っていましたが

割とすんなりと受け入れれましたよ。

昼食がないほうが、お昼過ぎに眠くなることも

少なくなりましたし、気持ちも安定しているように思います。

というのも、食事をとって血糖値を上げることで高揚感が

得られますが、必ずもとに戻るのでその時に気分が落ち込んだり

眠くなったりしてしまうのです。

なので昼食をとらない=血糖値が上がらない=気持ちが安定する

のような構図になります。

血糖値をあげにくい食事(麦など)もいろいろとありますので

そういったものに変えていくとパフォーマンスが向上しますよ。

もし、仕事が忙しく体重が増えがちというかたは

血糖値よりまずはダイエットがよいかもしれません。

太っているとネガティブの連鎖をしてしまう可能性があるのです。

どうゆうことかというと、太っていることで

鏡をみることがストレスになってしまったり、過食ぎみになってしまったり

そうなると思考自体もネガティブになりがちです。

なので健康だけでなく正しい思考ができるようにダイエットがおすすめです。

最近は糖質オフなる食品をよく見かけますよね。

糖質を取らなければ何を食べても太りにくいというやつです。

僕も以前はストレスによってブクブクに太っていた時期がありました。

当時は運動と食事制限の両方をやろうとしていたので

きつすぎて長続きしません。そして自己嫌悪に陥る毎日でした。

何をやってもできないという思考は、ダイエットにかぎらず

生活のすべてに影響を与えていたように思います。

その経験からも、自分の理想とする体重にいたほうがよいです。

そして、一度に運動と食事制限を始めようとしてはいけません。

それができるのはアスリートのかただと知ることです。

それかライザップみたいなパーソナルトレーナーにお金を払ったから

できることであって、個人でやるのはかなりの意志力を使います。

なのでどちらかだけをやることから始めるのがよいでしょう。

痩せることを考えたら断然に食事制限です。

まずは糖質を気にして食事を摂るところから、自然と痩せることを

体感できるのがよいですね。

ライザップ糖質量ハンドブック
created by Rinker

運動は目標体重に到達したらきっと挑戦したくなりますよ。

この経験が参考になれば幸いです。