生きづらいと悩んでいるあなたへ

こんにちは、いわしんです。

このブログを見ていただきありがとうございます。

少しでも皆さんのお役にたてればと思います。

突然ですが、学校や仕事で生きづらいなと思うことはありませんか?

僕は新卒で入社した会社に10年以上勤めていましたが

こうやって仕事を進めたときは、まわりの人からこう思われそうとか

上司が誰かを叱っているのをみると仕事に集中できなくなったり

必要以上にまわりの目を気にしてしまう性格なので

すごく気を遣い、生きづらいなと思いながら仕事をしていました。

そして、ストレスに対して見て見ぬふりをしてしまうと

アフター5や週末に現実逃避することで自我を保たないといけなくなります。

ご飯も過食気味になってしまったり、お酒におぼれてしまったり

しやすかったりもしますしね。ちなみに僕はそんな感じでした。

いろんな本を読んでみたりいろんな方法を試してみましたが

人事異動でまた新しい上司になったり、チームメイトが変わったりで

都度対策を考えないといけないのも辛かったです。

その中で生きていくために、自分の考え方を根本的に変えるのも

僕は自分のオリジナルな部分を書き換えてしまうような感じで嫌でした。

なにせ30年来の付き合いの自分の性格ですから、周りに適合するために

歪めてしまうのはなにか違うのではないかと。

歪めるのにはいろんな苦労もあるでしょうし、苦労しても

それが長所になるとも考えられない。よくて人並みではないかと。

そんな修行みたいなことをするのに抵抗がありました。

それに今の職場では迷惑な性質であっても、別の職場では重宝される可能性だって

あるかもしれませんしね。

要は今の職場が単純に合わなかったということに僕は至りました。

会社にしがみついていると、当然嫌な上司になることもあったり

プロジェクトによって苦手なチームメイトがいたり

自分と合わない取引先さんもあったりするかもしれません。

その人らの性格を変えることはできません。

となると自分ではどうにもできない不確定な要素が多すぎると思ってしまいました。

今はよくても急に上記の変動によって職場が一瞬でブラックになる可能性もあります

しがみついていれば安心でもないような気がします。

ならば組織に居続けるために自分の考え方を変えるか、

性格を一つの長所として変えないならば職場を去るか、

僕は会社を去る選択をしました。

今は正社員ではないですし、正社員にならずに済むような人生を模索しています。

会社を辞めたからそんなことができるんだと思われるかもしれませんが

組織に向かない人は一人で仕事するのも気楽でよいですよ。

模索しているなかで得た知見をブログでこれからも書いていきたいと思います。

なにか参考になれば僕も嬉しいです。