風邪で寝込んでいました

こんにちは、しんいちです。

このブログを見ていただきありがとうございます。

一昨日くらいから体調不良で寝込んでいました。

そんな大した稼ぎにもなっていないですが

ある程度ルーティン化して行動していたので

それを積み上げることができなくて、

かつ全く収入もないということに

休みながら恐怖に感じることもありました。

ESBIってご存知でしょうか?

金持ち父さん貧乏父さん
created by Rinker

ロバートキヨサキ著書の金持ち父さん貧乏父さんにありましたが

働く人達は4つの区分のどれかに分けられます。

E (employee) 従業員

S (self employee) 自営業者

B (business owner) 経営者

I (invester) 投資家

上の2つは労働をして収入を得ています

下の2つは労働をしていますが比率が少ないです

著書では権利収入と読んでいますが、労働の手をとめても

お金が入ってくる状態です。

体調不良で寝込んだ場合に、

従業員の場合は有給休暇の制度があるので一時的な

収入源はありませんが、

フリーランスのような自営業者の場合は

休みに対する補償がないので

別の収入源についても考慮する必要があるなと

今回の病気で改めて痛感しました。

僕は会社を辞めて思うのですが

インターネットで見かける「自由に生きるフリーランス」という言葉

フリーランスになれば自由になれるというように感じてしまうかもしれません

ですが、先程のESBIに当てはめるとE(会社員)とS(自営業)になり

労働の手を止めてしまえば収入が入ってくることはありません。

自分の時間を切り売りしていることには変わりないと思います。

従業員として契約をしてその分福利厚生などの恩恵があるか

自由に動ける分、収入源をさがすか

それぞれ良し悪しがあって一概にどちらが良いとも思えません。

現在おかれている状況や、これからのライフスタイルで変わります。

なのでフリーランスを必要以上に持ち上げる風潮は個人的には好きではありません。

僕は、どちらが良いかどうかは、個人がどうやって人生を生きたいかによると思います。

フリーランスになってもまた会社員に戻ってくる人だっています。

それは人との繋がりが希薄になって辛かった、収入の不安定が辛かった

などいろいろな理由があると思いますが、自分が人生で一番重視するものと

違ったのもあるのではないでしょうか

(身内の病気等でやむを得ずもあるかもしれません)

人生をどうやって生きたいか、収入が不安定になっても叶えたいものがあるのか

一日寝込むことですこし考えるきっかけになったように思います。

なにかみなさんの参考になれば幸いです。