クラウドソーシングで初心者はまず仕事を受注することが大事な理由

こんにちは、いわしんです。
クラウドソーシングに登録したものの一歩ふみだせない
そんな感じになやんでいませんか
今回はそんなあなたにむけて記事を書きます。

クラウドソーシングはまず受注することが最優先です

クラウドソーシングで副業なり本業にしてお金を得ようと考えたときに、
一生懸命文章力を勉強してからはじめよう、受注活動しようと思っていませんか?
僕は性格からついつい勉強して十分なスキルを持ってから受注しようと思ってしまいますが、
まずは案件を受注しないと意味がないということを伝えたいです。

クラウドソーシングで受注することが最優先の理由

文章力を磨くために、色んな本を読んだり、有名なwebサイトを参考にしたりしていると思います。
僕は自分のスキルを高めるために勉強することはとても大事だと思っています。
でも、ここで考えてみて欲しいのは、あなたがまず最優先に考えていることは何でしょう?
あなたが最優先にしているのは早く独立するために安定した収入を得ることではないでしょうか。
文章力を磨けば後から、仕事はあとからついてくると思っていますが、
なるべくその「あとから」が早く訪れたいですよね収入が最優先なのですから。
でも、文章の勉強ばかりやっていても仕事がないです。
そもそも受注ができていないのだから。

クラウドソーシングでまずは案件を受注するために

仕事をするためにまずは案件を受注しないとはじまらないですよね。
でも実績も実力もないのに受注できないのではと思ってしまいますよね。
そこで、僕が実際に受注するために活動している方法を紹介します。
僕はブログを読んでもらうとわかるとおり、文章力もありません。
そして実績も全然ありません。

そもそも受かりやすい案件を受注する

どうしても得られる金額に目がいってしまいますよね。
そして金額が高い案件には当然ながら希望者が多いです。
希望者が多いと、自分なんて。と思ってしまいます。
クライアントの立場にたって考えると、希望者が複数人いたら、
実績がある人のほうが安心できるということもわかります。
なので、単価の低い仕事を狙ってみることです。
勉強がてらと思って、単価の低い仕事を受注して実績を積みます。
実績をもとに選ばれるのであれば、もし受注しないで勉強ばかりしていても、
実績が多い人に受注活動で勝てないでしょう、

提案文で工夫する

希望者がほかにもいたとしても、提案文を工夫することで
自分を選んでくれるかもしれません。
クライアントの立場で考えてみると、例えば物作りの記事を書いて欲しいのに
不動産の実績が沢山ある人を選ばないかもしれません。
物作りの経験がある人のほうを選ぶかもしれません。
クライアントが何を最優先にするかですけどね。
なので、依頼内容の記事の作成はなくても、
趣味でものづくりをやっていた、仕事でやっていたなど
その道に少なからず知識があることをアピールしましょう。

クラウドソーシングで初心者はまず仕事を受注することが大事な理由 まとめ

ここまで考えてみると、クライアントの立場にたって
クライアントの希望に応えてるだろうかと考えるのが大切と僕は思います。
ライターとしての実績はありませんが頑張ってみます。
また、ライターの初心者がお金を得るまでにおすすめの本があります
是非読んでみてください。