【書評・レビュー】 知識を操る超読書術 メンタリストDaiGo を読みました

こんにちは、いわしんです。

今回は知識を操る超読書術という本を読みましたのでレビューしようと思います。

知識を操る超読書術の書籍情報

・著者:メンタリストDaiGo

・出版日時:2019年11月18日 初版発行

・出版社名:株式会社かんき出版

なぜ知識を操る超読書術を手に取ったのか

僕は読書のスピードが遅いと思っています。

学生時代にも国語の試験で問題を読むのに時間がかかったり

読んでも内容がわからなかったりしていました。

また、いまでも読書をするのですが、読んだ内容を忘れてしまったりと悩んでいます。

そこで先日発売されたメンタリストDaiGo氏の本が目につきました。

DaiGo氏は1日に10~20冊も本を読みアウトプットを行っています。

なので、氏の読書術を学ぶことでもっと沢山の本が読めるのではと思いました。

知識を操る超読書術の内容解説

この本では、科学的に根拠のある読書の方法を学び、読んだ本の活かし方を身に付けた

DaiGo氏の読書方法が書いてあります。

巷でよく聞く、速読、多読、選読についての氏の見解からはじまり、

読書の質を高める準備

理解力と記憶力を高める読み方

知識を自在に操るアウトプット

といったカテゴリーで書かれています。

特に僕が印象に残ったのは、

本から得た知識をアウトプットできるかどうかは、

「本を読む準備」をしているかどうかで7割決まるということです。

僕はいままで本を読む準備なんて全く考えたことがなくて、

漠然とした興味だけで読んでたので後から記憶から抜けてしまい

いわゆる読んだつもりの状態になってしまうからでした。

本書ではそうならないような心構えについても記述されていました。

また、小説やマンガのようにストーリーを楽しむために最初から読まないといけない

ジャンルより、実用書を読むときに効果を発揮すると思います。

なぜなら、詳しくは著書内を参照いただきたいのですが、

全てを読む必要はないことについて言及されているからです。

知識を操る超読書術のまとめ

この本では僕のようにもっと沢山の本を読みたいかたや

読んだ本の内容の理解力をあげたいかた、実生活に活用したいと

悩んでいる人におすすめできます