【書評・レビュー】 科学的に正しい英語勉強法を読みました

こんにちは、5時から男のいわしんです。5時からを生きがいにしてましたが、

現在は仕事との向き合い方について考えなおそうとしています。

今回は科学的に正しい英語勉強法という本を読みましたのでレビューしようと思います。

科学的に正しい英語勉強法の書籍情報

・著者:DaiGo

・出版日時:2018年3月10日 初版発行

・出版社名:株式会社DHC

科学的に正しい英語勉強法の内容解説

科学的に正しい英語勉強法では、特に日本人はどうして英語を話せないのか、

英語をどうやって学ぶのか、といった内容がDaiGoさん独自のメソッドで書いてあります。

特に本書がおススメできるかたは以下になります。

・これから英語の勉強をはじめようと思ってるあなたにおすすめできる書籍です。

・英語の勉強を何年もしているが成果が出ないあなたにおすすめできる書籍です。

科学的に正しい英語勉強法の主観的な評価

僕が本書を読んで興味深いなーって思ったことがあります。
英語の勉強法に対する書籍ですが、内容の3分の1はまず
日本人が英語を話せない英語力以前の理由について
説明されています。
その日本人が英語を話せない英語力以前の理由は以下の7項目になります。
①自信がない
②切羽詰まった理由がない
③積極性がない・そもそも話かけない
④コンプレックスが強い
⑤正しく話そうとする
⑥アウトプット訓練をしていない
⑦ジェスチャーが乏しい
DaiGoさんの主張は、
日本人は英語ができないから話せないのではなく、
話さないから英語ができないのです、といったものです。
7項目について詳しく説明があり、どれも典型的な
日本人の僕にとっては納得のいくものばかりでした。
なぜなら、語学留学しているなら別ですが、日本で独学の場合は、
意識しないと、もくもくと勉強するだけになってしまうからです。
僕も英語が話せるようになりたくて勉強をしていますが、
知らず知らずのうちに勉強することが目的になってしまう時があります。
そして、外国人と話すのはまだ早いと決めつけて、
勉強して自信を持てたら外国人と会話をしようと思ってしまいます。
堀江貴文さんの著書英語の多動力でもそこについて、
順番が間違っていると言っています。
英語の勉強をしたら友達をつくるではなく、
友達をつくってから勉強をする
でないといつまで経っても友達をつくることはできない。
といった趣旨の記述があります。
英語自体の勉強も大切ですが、
7つの障害の存在をまずは理解して、
自分なりの方法で対策を打つことも大事だなと思いました。