英語を勉強する時間を増やす方法を紹介します

こんにちは、5時から男のいわしんです。5時からを生きがいにしてましたが、

現在は仕事との向き合い方について考えなおそうとしています。

「英語を勉強しようと思ってるけど勉強がぜんぜん楽しくない」

今日はそんなあなたに向けて記事を書いてみました。

僕も先日、TOEICを受験して、
このままではいけないと思いたって、
英語の多動力という本を読みました。
堀江貴文さんの著書です。
僕は英語の多動力を読んで気に入っているフレーズがあります。

勉強という概念を捨てよう。言葉は慣れだ。毎日接するべきものだ。

だから、スケジュールにはワクワクするものだけを詰め込むのだ。

毎日接したくなるように。

この本では、いままでの学校生活で行っていた
勉強方法ではなく、楽しく接するできるように
自然と体に入ってくるような、いわば
学びを自動化することを推奨しています。
堀江貴文さんがよく言う、
「英語のシャワーを浴びる」ということです。
英語の習得に必要な時間は日本人は2200時間だそうです。
英会話教室に週1回1時間通っていたとしても、
月に4時間しかないので気が遠くなるほど時間が掛かります。

英語に触れる時間を増やす方法

日常生活で英語に触れる時間を増やすために
いろいろ試している方法を紹介します。

スマホの言語設定を英語にする

これは堀江貴文さんの著書の「英語の多動力」でも

記述がある内容です。
スマホの言語を英語に変える事で、
英語に対応しているアプリケーションは
当たり前ですが全て英語になります!
僕がスマホでよく使うアプリケーションは、
SNSやメール・電話ですが、
設定が英語になるだけで雰囲気変わりますね。
あと個人的に良かったのが、Google mapです。
Google mapはナビを開始すると音声のアナウンスまで
英語になります。
リスニングまでできて一石二鳥じゃありませんか?笑

外食チェーン(タッチパネルで注文)は英語にしてみる

僕はよくスシローやなか卵といった、外食チェーンによく行きます。

ここではタッチパネルで注文する方式が採用されているのですが、

外国人向けに英語設定に切り替えることができます。

そこであえて英語設定に切り替えてみます。

新聞を英字新聞にする。ニュースアプリを英語

朝や隙間時間にニュースをみているかたもいますよね。

そんなあなたにはニュースに英語を取り入れてみてはどうでしょうか?

新聞をとっている場合は英字新聞。

ヤフーニュースをみているかたは、スマートニュース。

ゲームを英語にする

普段やっているスマホゲームを英語にしたり

そもそも海外のゲームをやるのはどうでしょう。

ニンテンドースイッチなどの据え置きでゲームを

やっているあなたは、設定を英語にして

ゲームをしたら一石二鳥だと思います。

これについてはまた別の記事を執筆しようと思います。

まんがを英語で読む

いまは海外のまんがを買うことが簡単にできます。

日本でも有名なドラゴンボールやスラムダンクなども

英語の翻訳されて出版されているので、

英語版を買うのもよいと思います。

これについてはまた別の記事を執筆しようと思います。

英語を勉強する時間を増やす方法を紹介します のまとめ

普段やっていることを英語に置き換えてみることで

少しでも英語に触れる時間を増やす方法について紹介しました。

僕もわからない単語だらけですが、こうゆう時にこの単語を

つかうんだーって思うことがあります。

新しく知ることって楽しいですよ。一緒に頑張りましょう