英語初心者必見!TOEIC Bridgeを受けるべき理由

こんにちは、5時から男のいわしんです。5時からを生きがいにしてましたが、

現在は仕事との向き合い方について考えなおそうとしています。

先日、TOEICを受験しました。
TOEICとは英語の世界共通テストです。
英語が苦手で、いままで避けるように生きてきた僕が、
今回、初めてTOEICを受験してみて思ったことは、
わからない単語が多すぎて、内容の推測もできなかった!です。
もし、単語がわかっても次は文法でつまずきそうですが笑
なので、試験がとてつもなく難しく感じてしまうんですよね。
試験中に思考停止して諦めモードになってしまうやつです。
勉強をさぼってたつけがきたなーって思いました。
このままではいけないと、思い立っても、
どこから勉強をやれば良いんだろうという状態でした。
そんな、「英語にチャレンジしようと思って、TOEICを受験してみたものの、
わからなさすぎて参考にならない」というあなたに、
試験の難易度が低いTOEIC Bridgeというものを紹介します。

TOEIC Bridgeとは

TOEIC Bridgeとは、初級・中級英語学習者向けのテストです。

TOEIC BridgeのBridgeという単語には、「TOEIC への架け橋」としての意味が込められていて、

TOEICを受ける前の練習として位置付けられています。

TOEIC Bridgeは、基礎的な英語でのコミュニケーション能力を測るテストということです。

TOEICとの違いは?

TOEICとTOEIC Bridgeとの違いは以下の表のような感じです。

試験時間と問題は半分となっております。

TOEIC TOEIC Bridge
試験時間 120分 60分
問題数 リスニング 100問 50問
リーディング 100問 50問
満点 990点 180点
開催 年10回 年4回

また、それぞれの点数については相関があります。

換算は以下の表のようになります。

TOEIC Bridge TOEIC
90 230
100 260
110 280
120 310
130 345
140 395
150 470
160 570
TOEICを受験してみたけど問題が難しいとか、
受験していないけど、英語は中学レベルから怪しい場合は、
TOEIC Bridgeから初めてみるのもいいのではと思います。
でも、どうせやるなら就職・転職にも点数が載せれるTOEICを
受験し続ければいいのではと思いますよね?
TOEICの点数が低い場合には、TOEIC Brideを受けた方がよい理由が
大きくわけて2点あります。

理由① 成長を実感しにくい

TOEICの点数が低い場合は、問題が難しすぎるので、

勉強初期の段階では、成長を実感しにくいんですよね。

中学生が高校受験通り越して大学受験の問題を

解いているようなもんです。

問題の難易度を下げたほうが、点数も確認しやすいですし、

成長を実感できてモチベーションを維持しやすく

なにより楽しいですよ。

理由② 500点以下ならどのみち履歴書に書かないほうがよい

TOEICの点数を履歴書に書いてもよさそうな点数は
平均点以上だとおもいます。
(そこに到達していない場合は書かないです)
平均は500点くらいだと思います。
つまり、500点に満たない場合は、履歴書にも書かないほうが良いので、
まずはBridgeをやって、160点(TOEIC 570点相当)
を目指して頑張ればよいのではと思います。
それから、TOEICに移行しても良いのではと思います。
ただし、勤めている会社からの指示で、いつまでに何点と
期間が決まっている場合は、形式や難易度にも慣れたり、
年間の試験回数も多いTOEICをうけたほうがよさそうですね。
Bridgeはあくまで自己啓発のための進め方な気がします。

【まとめ】

TOEIC初心者には、自己分析もかねて難易度の低い
TOEIC Bridgeから挑戦してみるのはいかがでしょうか
僕も次回開催時には受験してみようと思いますので
また、レポしたいと思います。
以上。TOEIC Bridgeを受けるべき理由でした。