TOEIC Listening & Reading Test を受験してみました

こんにちは、5時から男のいわしんです。5時からを生きがいにしてましたが、

現在は仕事との向き合い方について考えなおそうとしています。

先日、名古屋工業大学へ行ってきました。
TOEIC リスニング&リーディングの公開テストを受験するためです。
TOEICリスニング&リーディングの公開テストは、
会社で受けさせられるのではなくて、自主的にやってみようと受験しました。
あなたは、英語を話すことはできますか?英語は得意ですか?
僕はまったくできないと答えます。
なぜなら、英語は中学の時点でつまずいてしまい、
そこからごまかしながら大学卒業まできてしまいました。
会社に入っても、英語が必要な部署ではなかったこともあって、
英語を勉強をすることをまったくしなかったからです。
そして大学を卒業してから10年が経ちます。
そんな僕がなぜ今更、英語を勉強しようと思ったのでしょうか?
いわしんが勉強しようと思った理由を記事に書きます。
もう少々お付き合いください。

TOEIC Listening & Reading Test とは

ビジネスの場や日常生活での会話や文章でのやりとりといった英語能力を測るためのテストです。

一般的にTOEICと呼んでいるものは、TOEIC Listening & Reading Testのことを指します。

TOEICについては別記事で詳しく書きたいと思いますが、

いわしんが勉強しようと思った理由は大まかに分けて3つになります。

理由1 転職の幅が広がる

転職エージェントに登録をした際に、

求人をみてみるとTOEICの点数で足きりをしている会社がチラホラあったからです。

そんなの今更と思うかもしれませんが、僕が大学時代に、

地方で就職活動をしていた時には、そこまでの状況ではなかったように思います笑

そして転職サイトにも登録をしていなかったので知らなかったのもあります。

無知って怖いって思いました笑

僕のこの経験から、あなたには転職をするしないに関わらず

転職サイトには登録をしておくことをお勧めします。

それは自分の価値を知っておくことができるからです。

話を戻しますが、TOEICの点数で足切りしている会社でも
業務で英語を使うことはない会社もあります。
なので、足切りされない点数を持ってさえいれば、
英語を仕事で使わなくても、今より待遇のよい会社に
就職ができる可能性が増えるからです。

理由2 純粋に色々とチャレンジしてみようと思った

僕は英語が苦手です、そのことに対してコンプレックスを持っています。
でも、今の仕事では必要ないからと勉強をしない理由をつくっていました。
もし一生懸命勉強をしても出来るようにならなかったことを考えると
怖いからです。それは自分を守るためでもありました。
でも30代になっても英語ができないことがずっと頭の片隅にあり、
これからの人生は色々とチャレンジしてみようと思ったからです。

理由3 海外旅行に楽しみができる

僕は旅行は好きなのですが、その旅行もツアーで行くことは苦手です。
学生の時から団体行動をとることがすごく苦手だったからです。
一人や仲の良い数人で、旅先で思い付きで行動するところに楽しさを感じます。
また、代理店を使わずに自分で手配することも旅行の楽しみの一つと考えていて、
これまで海外旅行はチャレンジしなかったです。
これを機会に少しでもその気になればと思いました。

ちなみにTOEICを受験してみた結果はどうだったの?

結果が郵送されたら公開しようと思いますが、

質問の意味がわからないレベルでした笑

中学校のおさらいからスタートしないといけません。

TOEIC Listening & Reading Test 受験してみました のまとめ

人並みの理由ですが、自分にメリットになる

理由をいろいろとつけて継続したいと思います。

以上。TOEIC Listening & Reading Test 受験してみました、でした。