【会社員必読】 僕が会社の昇進試験に落ちてからやる気になった方法を紹介

こんにちは、5時から男のいわしんです。5時からを生きがいにしてましたが、

現在は仕事との向き合い方について考えなおそうとしています。

会社に長年勤めていると昇進の話がでてきたりしますよね?
「昇進試験に落ちてしまい今後どうするか悩んでいる」
「昇進試験に落ちた人にどうやって励ませばいいのか悩んでいる」
そんなあなたに向けて記事を書きました。
僕は昇進試験を受けれると思っていた年には受けれず、
翌年に受けれたものの、落ちてしまい、自暴自棄に陥りました。
更に翌年の2回目で合格し、昇進することができましたが、
合格するまでの心境について話を書きます。

僕の昇進試験について

僕が勤めている会社は、昇進するには試験に合格する必要があります。
昇進試験の受験資格を得るには直近1年間の査定が良好なのと、上司からの推薦が条件で、
試験に合格すれば晴れて昇進できます。
試験は年1回のみです。
試験内容は、面接と筆記(現在の実務的な内容と一般常識と英語)でした。

昇進試験までの道のり

入社して8年目のことでした。
ある程度の難易度の仕事を卒なくこなせるようになった頃です。
社内でも今年は誰々が受けるとか、同期のなかでだれが受けるの早いとか、
そういった噂話が僕の耳にもはいってきます。
僕は人より早く出世したいという欲はあまりないですが、
遅く昇進することで周りに何か思われるのも嫌だったので、
可もなく不可もない滞在年数で昇進したいと思ってました。
そして、僕は同期の平均より1年早いタイミングの時、運よく
査定が良かったので、試験に受けれるものと思って待ってました。
昇進は誰しもが通る道ならば、なるべく早く受かって楽になりたい。
しかし、その年に上司から声が掛かることはありませんでした。
たまたま成績も良かったから、今回がチャンスと思っていたので
すごくショックだったのと、また来年まで良い査定を取り続けないと
いけないことも考えると気が遠くなったのを覚えています。

試験を受けさせてもらえなかった1年間

試験は年1回しかないので、また来年かぁ長いなーと思って

仕事にやる気がでないまま数週間が経ったころ、

別件で上司と面談する機会がありました。

その際に昇進の話がどうして出なかったのか聞くことにしてみました。
そこで聞いた話は自分にとっては納得がいかない内容でしたが、
そのままではまた来年も同じことになってしまうと思い、
客観的な評価結果を真摯に受け止めるように努力しました。
それが実力なんだと自己受容するようにしました。
それからの仕事ではまず上司から言われたことを治すように
努力しました、でも続けることで上司からも褒められるようなり
モチベーションを保つことができました。
その結果、査定も良い状態を継続でき、
上司から昇級の試験をうけさせてくれるとのことでした。

いざ昇進試験を受けた結果

うちの会社では、試験日の1ヶ月前に試験の出題内容が知らされると同時に

テキストが配布されます。

まわりから事前に情報を得ようともしなかった僕は

それまで何も勉強をせずに、出題内容が知らされてから開始しました。

でもこうゆう時に限って、仕事のタイミングもわるく

残業が重なったりしてしまうのですよね、

言い訳もあまりしたくないので、睡眠時間を削って

合間を縫って勉強をやってきたつもりでしたが、試験に落ちてしまいました。。

落ちてからの地獄の1年間

試験に落ちてからしばらくの間は自暴自棄に陥りました。

落ちたことを受け入れることもできないし、

せっかく上司から推薦してもらった手前もあったし、

落ちたことで職位があがらないため、

会社のみんなにわかってしまいます。

それでバカにする人もいます。

でも会社を休むわけにもいかないので、出勤はするものの

すごく居場所がない感じが続きました。

気持ちを切り替えて再スタートする

いつまでも自暴自棄になっていると、そもそもの仕事自体のパフォーマンスも

落ちてしまうと思い、気持ちを切り替えて再出発し、

翌年の2回目で合格し、昇進することができました。

昇進試験に落ちてからやる気になる方法

昇進試験に落ちた事実(結果)を受け止める

試験に落ちてしまった現実を受け入れるように努力をしました。

タイムマシンでも無い限り過去の結果を変えることは絶対にできないのです。

なので悩んでいてもしょうがない、と気持ちを切り替えれるように心掛けました。

試験が上手くいかなかった理由を振り返ってみる

結果を受け止めることができたら、

なにが悪かったのかを考えてみることにしました。

「勉強してきた内容と出題傾向が違った。」「〇〇が理解できていなかった。」

「試験前に時間を確保できてなかった。」「そもそも何を勉強して良いかわからなかった。」

など自分の思う反省点を挙げてみました。

必要以上に自分を責めない

落ちたことで自暴自棄になってしまうこともありました。

その時に自分を責める理由はいくらでも出てきてしまうもの、

頭が良くないから、要領が悪いから、集中力が無いから

あのときもっと勉強していれば など

でも、自分にないものを責めてもしょうがないと思いました。

逆に自分にあるものを考えてみる

他人との比較ではなく、あくまで自分のなかでは得意と思ってることで考えました。

僕は短時間の勉強なら、長期間するのは割と苦じゃなくコツコツとやれる性格です。

そしてなにより1回目の試験をうけた知識・経験がありました。

できる方法を考えてみる

1回目の反省からどうやったら達成できるか考えてみました。

自分がもっているものがどうやったらうまく使えるかも考えました。

前回の1回目の試験勉強は1か月前から開始しましたが、

短期間で集中して勉強するのはあまり得意ではないので、

普段から少しづつやるように設定してみました。

またうちの会社では、1ヶ月前に試験の出題が知らされますが、

1回目を経験したことからそれを待っていなくても

事前にできる内容があることを考えました。

学生時代の英語の教科書をおさらいしてみる。

時事問題の対策で普段から新聞を読むようにする。

一般常識の対策で参考書をかって勉強してみる。

面接に対してyoutubeで事例をみてみる。

など思いつくものをコツコツやってみることにしました。

プライドはフタをするように努力してみる

試験に落ちたことは恥ずかしいと思ってました。

同僚に何を思われているんだろうか、

実際にちょっかいをだされるかもしれません。

僕は恥ずかしかったですが一度開き直ってみるように努力しました。

そして先輩に当時どんな勉強をしたのかを聞きました。

強烈な内なる動機付けをする

よこしまな動機をひとつの起爆剤として絡めるのもよいと思います。

昇進したら肩書もついて、給料もあがるから女性にモテる!とか

月に一回は家族で外食する機会が増えるとか

どんな理由でもかまいません。

自分にとってやる気になれる理由をひとつでも多く結びつけるのです。

自分を信じること

試験に落ちたからといって、無能なわけじゃないと信じることにしました。

試験を受けさせてもらえる能力を有しているから推薦されたのです。

あとは試験は自分との闘いで、次は大丈夫と信じることにしました。

昇進試験に落ちたら退職や転職をしたほうがいいのか

僕は昇進試験に落ちたことで、自暴自棄におちいり、

「仕事が向いていないのではないか?」

「会社に居ずらいしいっそのこと転職したほうがいいのでは?」と悩んでいました。

結論からいくと、他人の評価はどうあれ、あなたが会社に居たいかどうかで判断するべきだと思います。

落ちた事実は会社内に知られるので、居心地が悪くなるのも事実です。

それでもあなたは「今の仕事がやりたい」、「昇進して新しい仕事がやりたい」と思いますか?

人生の転機について一度考えると良いと思います。

昇進試験に落ちた人に対しての励ましについて

あなたではなく、まわりの方が昇進試験に落ちることもあると思います。

昇進試験に落ちた僕なりに、励ましについて考えてみました。

家族(旦那、妻、子供)への励まし方

昇進試験に落ちたことを受け止めるのは、あなたではなく落ちた本人が背負う責任です。

自暴自棄に陥ることもあると思いますが、まずは気持ちが切り替われるまでは、

そっとしておく時間も大事です。ただし信じてあげることは忘れないでください。

もし、むこうから話かけてきたら、きちんと耳を傾けて話を聞いてあげてください。

傾聴については以下の記事を参考にしてください。

上司、同僚、部下への励まし方

昇進試験に落ちたことで普段の仕事の能力が否定されたわけではありません。

なので普段通り接することです、向こうからその話をしてきたら、

聞いてあげてください。

僕が昇進試験に落ちたショックから立ち直った方法のまとめ

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

昇進試験に落ちるのはとてもつらいです。

でもゆっくりでも良いので再スタートができると絶対にいい方向にいきます。

モチベーションを高める方法についてはこちらの記事も参照ください

管理職になりたくないので昇進はしたくないかたの記事も参照ください